FC2ブログ
自転車の話を中心に、日常の出来事などをきまぐれに綴ります
2020/07«│ 2020/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
23:34:49

◆小田原梅まつり

曽我梅林がそろそろ見頃の様なので見に行く事にしましたが、まさかあんな事になろうとは・・・
9:00自宅を出発。天気も良くて暖かく、絶好のサイクリング日和です。

20190224_007.jpg
◆厚木市へ

20190224_008.jpg
◆飛行機雲一閃

20190224_012.jpg
◆鉄塔一線

20190224_014.jpg
◆小田厚側道で平塚へ

20190224_015.jpg
◆小田厚側道から富士山

20190224_016.jpg
◆金目川

土屋橋のコンビニで休憩。

20190224_018.jpg
◆ファーストコーヒータイム

20190224_020.jpg
◆七国峠を越えて

20190224_025.jpg
◆広域農道やまゆりラインへ

広域農道やまゆりラインで曽我へ行く予定でしたが、途中で下曽我旧道の案内板を発見。

20190224_027.jpg
◆下曽我旧道

『下曽我へ行く近道か?新たなルートが開拓出来るかも知れない』と思い、予定を変更して旧道へ行く事に。ここが悪夢の入口だったとは、この時の私は知るよしもありませんでした。

20190224_028.jpg
◆旧道

道は荒れているし、時々20%程の激坂も出てきます。さすが旧道。

しばらく進むと一旦山を抜けて、古怒田という集落に出ました。

20190224_034.jpg
◆聖観音堂

20190224_037.jpg
◆菅原神社

菅原神社の脇の道から再び山の中へ。

20190224_045.jpg
◆古怒田配水池

20190224_046.jpg
◆更に旧道を行く

案内板を頼りに進んで行くと、やがて五叉路に出ました。ところが、ここの案内板に書かれた下曽我の文字がガムテープで消されています。

20190224_048.jpg
◆消された下曽我

今さら戻るのも嫌なので、取り敢えず消された下曽我方面へ向かいます。

しばらく行くと、再び下曽我の案内板が現れたので、その道を行きます。

20190224_052.jpg
◆この道で合っているようだ

が、どこかで間違えたのか、いつの間にか足柄いこいの村に出る道を走っていました。足柄いこいの村は、下曽我とは反対方向です。

20190224_054.jpg
◆赤田配水池

引き返します。すると、小田原梅の里方面の案内板を見付けました。先程はこの案内板を見落としたようです。『これに従って行けば大丈夫だろう』

20190224_055.jpg
◆梅の里方面

進んで行くと、コンクリート舗装が無くなり土道になってしまいました。『とうとう舗装も無くなったよ』と思いながら進むと、見覚えのある場所に出ました。

『あれ?さっきの五叉路だよ』

そこはガムテープで下曽我の文字が消された案内板があった五叉路でした。ぐるっと回って元に戻って来てしまったのです。

これはいよいよ道に迷いました。

『さて、どうしよう』と悩んでいると、MTBに乗った青年がやって来ました。すると「え?ロードですか?」と驚いていました。そりゃあ驚くでしょう。こんな山道でロードバイクを見たら(苦笑)

その青年に下曽我方面の道を聞くと、しばらく土道が続くと言います。しかし、最早前進あるのみ。行くしかありません。青年にお礼を言って、先に進みます。

20190224_056.jpg
◆梅の里まで1時間45分

20190224_059.jpg
◆無線中継局

20190224_061.jpg
◆ここは何処だ?(笑)

青年に教えられた道を進んで行くと、コンクリート舗装の道と交差した所に出ました。GPSを見ると、下曽我方面は正面の土道なので、そのまま真っ直ぐ進みます。

今考えると、ここで舗装路を行くべきでした。

道はますます苛酷を極めて行きます。ダブルトラックから片側が崖になったシングルトラックに。倒木が道をふさぎ、崖の様な急斜面の道を降りて行きます。最早乗車率は0%です。

20190224_063.jpg
◆怖くて乗れない

20190224_064.jpg
◆これは道なのか?

20190224_065.jpg
◆もしかして、軽く遭難してる?(苦笑)

艱難辛苦を乗り越えてようやく舗装路に出た時には、心底ホッとしました。GPSで現在地を確認すると、そこは不動山登山道入口でした。ここまでの道は旧道や林道ではなく、ましてやハイキングコースでも無く、登山道だったのです!

20190224_066.jpg
◆不動山登山道入口

もう2度とこの道を通る事は無いでしょう(笑)

20190224_069.jpg
◆眼下に梅林が見えた!

みかん畑の急斜面を下り、やっとの事で下曽我に到着。

20190224_070.jpg
◆やっと着いた

コンビニでおにぎりを買って瑞雲寺へ。

20190224_080.jpg
◆瑞雲寺1

20190224_082.jpg
◆瑞雲寺2

20190224_085.jpg
◆瑞雲寺3

20190224_088.jpg
◆瑞雲寺4

20190224_089.jpg
◆瑞雲寺5

20190224_092.jpg
◆瑞雲寺6

20190224_095.jpg
◆瑞雲寺7

20190224_098.jpg
◆梅ジュースと

20190224_100.jpg
◆おにぎりで昼食

20190224_102.jpg
◆瑞雲寺8

20190224_104.jpg
◆瑞雲寺9

次は中河原梅林に向かいます。

20190224_109.jpg
◆梅林踏切

20190224_111.jpg
◆中河原会場1

20190224_116.jpg
◆中河原会場2

20190224_117.jpg
◆中河原会場3

20190224_125.jpg
◆中河原会場4

20190224_128.jpg
◆中河原会場5

20190224_129.jpg
◆中河原会場6

中河原会場は人が少ないので、梅をゆっくり見るにはおススメです。ただし、出店などはありません。

20190224_132.jpg
◆セカンドコーヒータイム

20190224_134.jpg
◆中河原会場7

20190224_144.jpg
◆中河原会場8

最後はメイン会場の別所会場へ。

20190224_147.jpg
◆下曾根駅前の和菓子屋さん

歴史ありそうなお店ですね。

20190224_150.jpg
◆別所会場1

20190224_156.jpg
◆別所会場2

20190224_159.jpg
◆別所会場3

20190224_161.jpg
◆別所会場4

20190224_162.jpg
◆別所会場5

20190224_166.jpg
◆別所会場6

20190224_169.jpg
◆別所会場7

20190224_171.jpg
◆別所会場8

20190224_175.jpg
◆別所会場9

20190224_179.jpg
◆杵つき餅いただきました

20190224_184.jpg
◆別所会場10

20190224_185.jpg
◆別所会場11

帰りもやまゆりラインの山岳コースの予定でしたが、山はもう十分なので(苦笑)、国道1号線の平坦コースで帰る事にします。

平塚からは相模川沿いを北上し、厚木でコンビニで休憩。

20190224_191.jpg
◆サードコーヒータイム

19:20に帰宅しました。

走行距離93.97km
獲得標高942m




人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kimagurenotebook.blog78.fc2.com/tb.php/1217-8529d1f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
アルバム
プロフィール

☆SLENDER☆

Author:☆SLENDER☆
1963年生まれ。
横浜市在住。自称クライマーの自転車乗り。行動範囲はヤビツ・箱根・湘南・三浦半島など。座右の銘は「人間とりあえず死ななきゃOK」。ターンパイクヒルクライム大会皆勤賞継続中。

【ターンパイクの記録】
◆2010年9月26日 1時間14分
◆2011年10月2日 1時間3分
◆2012年12月2日 1時間10分1秒
◆2013年大会中止
◆2014年開催なし
◆2015年5月24日 1時間8分31秒
◆2016年5月29日 1時間10分43秒
◆2017年9月10日 1時間41分59秒
◆2018年10月21日 1時間10分8秒
◆2019年10月6日 1時間10分13秒

訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Twitter
名言

presented by 地球の名言

広告
マクロミルへ登録