自転車の話を中心に、日常の出来事などをきまぐれに綴ります
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
23:37:28
CIMG6804.jpg
◆yabitsuしまだ組集合(写真提供モモンガーさん)

スーパーヒルクライム2010 in TOYO TIRES ターンパイクに参戦してきました。


天気が心配でしたが、レース中は見事な秋晴れでヒルクライム日和でした。
元はと言えば、度々レースに出場しているなな吉さんがエントリーする時に『yabitsuしまだ組』というチーム名で登録したのがきっかけです。すると我も我もとしまだ組の面々が続々とエントリー。その尻馬に乗って私もエントリーしてしまいました。おそろいのジャージも作り、トレーニングもそれなりにして、当日を迎えました。


シルキーさんの呼びかけでサザンCに集合して、ターンパイクへ向かう事に。


20100926_008.jpg
◆7:30茅ヶ崎サザンCに集合


シルキーさん、fさん、峠のゴブリンさん、おししさん、スレイプニルさん、そしてチーム三連敗のKさんと私で7:45にサザンCを出発。シルキーさんの司令で、私が先頭を牽く事に!責任重大です。シルキーさんからは「28kmくらいのペースで」と言われていたので、時々サイコンをチェックしながら進みます。


湘南大橋まで来た時、
「私はレースに出ないので先頭牽きます」と、おししさんが前に出てくれました。暫くするとKさん、ゴブリンさんも前に出てきました。すると段々とスピードが速くなり、鈍行列車で行くはずがいつの間にか急行列車になってしまいました(笑)


途中でUKON-OYAJI良二さん、菊次郎さん、ふくおっとさんが合流。気が付くと、すごいトレインになってます。


20100926_016.jpg
◆壮観のトレイン


8:45小田原到着。コンビニで休憩&補給。ここでなな吉さん、MATSUさん、Mちゃりさんが合流。


20100926_017.jpg
◆小田原到着


このコンビニでジャージとヘルメットにゼッケンを付けて、レースの準備。藤棚へ移動してトイレを済ませたあと、ターンパイクへ向います。


20100926_019.jpg
◆ターンパイク入口


ターンパイク入口には、大勢の自転車乗りが!圧巻です。普段は自動車専用のターンパイク。今日だけは自転車専用です。


ここで、先に到着していたしまださんとazukiさんが合流。実はazukiさんはモモンガーさんと一緒に私達より先にサザンCを出発して、椿ライン経由で大観山へ先回りして応援してくれる予定だったのですが、ひざの調子が思わしくないとの事で、ここからお見送りしてくれる事になったのです。


受付(と言っても、ゼッケンをチェックしただけ)を済ませて荷物を預けると、応援の皆さんのお見送りを受けてスターと地点へ向います。


チップチェックを受けてから、カテゴリー別の待機地点へ。私はROAD-Dで出場です。周りを見渡すと、みんな高そうなロードバイクばかりです。私のロードバイクは、出場選手中最も安価なグループに間違いなく入るでしょう。何しろ7万円ですから(苦笑)


待機地点で待っていると、結構陽射しが強くて暑いです。もっとも、この間までの猛暑に比べれば大分マシですが。料金所前のスタート地点では、オープニングセレモニーをやっていますが、ここからでは何も見えず。大型モニターとかで映して待機地点からも見られるようにしてくれると、もっと盛り上がると思うのですが。


10:30になり、いよいよレーススタート!カテゴリー別に順次スタートしていきます。


20100926_030.jpg
◆スタートを待つ選手たち


私達のスタートも近づいてきました。私はレース初参加ですが、不思議と緊張はしませんでした。周りになな吉さん、菊次郎さん、fさんという心強い仲間がいてくれたからでしょう。とは言え、スタートしたらこの人達には置いていかれてしまうんだろうなぁ(苦笑)


ついにスタートの時がやって来ました。周りから沢山のクリートをはめる音が響いてきます。1度にこんなに沢山のクリートをはめる音を、今まで聞いた事がありません。これがレースなんですね。


スタートすると、すぐに10%の坂が始まります。案の定、私はあっと言う間に最後尾になりました。でも、慌てません。私の目標は完走ですから、あくまでもマイペースで上ります。


015_P1020097.jpg
◆ターンパイクを上る私(写真提供ラルゴさん)


20100926_036.jpg
◆地元の方でしょうか?応援を受けて上ります


20100926_038.jpg
◆ひとつめの橋にやって来ました


20100926_041.jpg
◆橋から見下ろす小田原の街と海。絶景!


上り勾配は全体を通して9~12%位でしょうか。楽ではありませんが、仁ヶ久保林道や羽根林道、秦野峠林道など、ターンパイクより勾配のキツい林道でトレーニングしたおかげで、歯が立たないほどとは感じません。


20100926_043.jpg
◆木陰を上る選手たち


20100926_045.jpg
◆ふたつめの橋も通過


20100926_049.jpg
◆給水所がありました


この給水所の先の上りがキツかったですね。


心拍数が上がり過ぎないように気を付けながら、マイペースで上り続けます。前に自分と同じ位のペースで走っている人がいると追いかけたくなりますが、グッと我慢して、あくまでもマイペースを貫きます。ヘタにペースを上げて脚が売り切れるのが怖かったからです。


そうこうしているうちに、9km地点までやって来ました。ここまでのマイペース作戦が功を奏してか、大分脚が余っています。『ここからならペースを上げても、最後まで行けるんじゃない?』と思い、遅まきながらペースを上げます。


20100926_050.jpg
◆あと1km!


終盤2ヶ所ある下りでは、アウター×トップでぶん回します。普段使う事が滅多にない(と言うより使えない?)アウター×トップを、まさかヒルクライムで使うとは思いもよりませんでした。そして、下りの勢いそのままにスプリントでフィニッシュ!1時間14分でゴールしました。


20100926_051.jpg
◆ゴール地点


005_IMG_0902.jpg
◆全員完走の記念写真(写真提供しまださん)


さすが実力者ぞろいのしまだ組の面々、全員足つきなしで見事完走です。中でもMATSUさんはC1/MTBクラスで5位入賞!すごい!!おめでとうございます。


20100926_060.jpg
◆表彰式。私には縁がないなぁ・・・(笑)


ロードFBクラス優勝のkeiさんは、しまださんやシルキーさんなどと顔見知りの方です。実は私、7月にakiさん達と三浦方面にツーリングに行った帰り、葉山でkeiさんに追い抜かれた事があります。そこはゆるい上りだったのですが、軽快なダンシングで華麗に上っていきました。その後姿を見て『あんな風に走れたらいいなぁ』と、羨ましく思ったものです。


20100926_068.jpg
◆ゴール地点にはアスリート御用達のバナナ無料配布。もちろん1本頂きました


スタート地点は暑い位でしたが、標高1000mのゴール地点はさすがに寒い!しかも雲が出てきて陽射しがなくなったので、なおさらです。ウインドブレーカー、持ってきて良かった。


表彰式は続いていましたが、みんな続々と下山を開始したので、段々と人が少なくなってきました。最後の主催者挨拶の時には、ほとんど誰もいない状態。かく言う私も心の中で『挨拶聞かなくてごめんなさい』と謝りつつ、表彰台から離れて下山グループに加わります。


下山はいくつかのグループに分かれて、途中2ヶ所の休憩を挟んで下ります。その為、前のグループに追い付かないように時間調整します。


20100926_075.jpg
◆時間調整で下山を待つ


この待ち時間が寒い寒い!脚がガタガタ震えます。


20100926_077.jpg
◆「ちょっと寒いくらいでガタガタ言うな!」と言っている様だなぁ(汗)


危険防止のためゆっくり下ると聞いていたので、40km位で下るのかと思っていたら、どうしてどうして、そこそこのスピードで下ります。


20100926_080.jpg
◆ターンパイクを下る


さすが自動車専用道路。舗装もいいし道幅も広いので、とても下りやすいです。しかも、小田原の街に向ってダウンヒルする感じがまたいいですね。


料金所まで下ってくると暖かくなり、ウインドブレーカーは必要なくなりました。やっぱり山の上は寒いんですね。


料金所前で記念の写真(冒頭の写真)を撮って、国道1号線で帰路に。yabitsuしまだ組のトレインを牽くのは、もちろんしまださん。レースを終えた直後だというのに、30km巡航でトレインを牽きます。


大磯に差し掛かる頃、ポツポツと雨が降ってきました。午前中の快晴が嘘のようです。本降りになる前に帰ろうと、城山公園での休憩予定をキャンセルして走り続けます。


大磯駅前でしまださん達国道1号線組と分かれて、シルキーさん、fさん、スレイプニルさん、私で国道134号線へ乗り換え。この時、何を間違えたのか、私が先頭になってしまいました。『やっぱりしまださんと同じ位のペースで牽かないとまずいよなぁ』と思い、頑張って先頭を牽きます。ところが国道134号線は向かい風(泣)。それでも疲れた脚にムチ打って、30km巡航を維持します。が、吹きさらしの湘南大橋でついに力尽きてペースダウン。すると、
「先頭変わります!」と、シルキーさんが前に出てくれました。シルキーさんの後ろに付くと、あきらかに風の抵抗が少なくなり楽になります。ドラフティングのありがたさを身を持って体感しました。とは言え、シルキーさんも速い!付いて行くのに必死だったので、この間の写真はありません(苦笑)


松波交差点を左折して藤沢市街へ。藤沢橋でスレイプニルさんとお別れ。残りの3人は境川CRへ。fさん、シルキーさんと流れ解散でお別れして、17:05に帰宅しました。


走行距離:121.02km
登坂高度:1312m


今までは雑誌などで見るだけだったレースに参加できて、とても楽しい1日でした。参加する前は『私みたいなツーリング派が参加しても、ダントツ最下位で終わるだけじゃないか?本当に参加してもいいのか?』と心配でしたが、今回参加してみて迷惑掛けない位に走る事は出来たので、参加権は得たと思います。ターンパイクも「ただ完走できればいい」という走りに徹すれば上れる事が分かったので、来年は写真とか撮るのをやめて、もっと本気でタイムを狙った走りをしてみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
お疲れ様でした。
初レース完走おめでとうございます。
これであなたも、いっぱしのヒルクライマー
ですね。
これから、更に山走りが好きになる事と
思います!

ふくおっと│URL│2010/09/27(Mon)21:52:14│ 編集
No title
SLENDERさん
お疲れ様でした。完走、好タイムと本当に良かったですね。上をみたらきりがないので大いに満足しましょう。
でも途中写真を撮る余裕のよっちゃんでしたね(笑)。

aki│URL│2010/09/28(Tue)05:45:34│ 編集
お疲れ様でした。
スーパーヒルクライム お疲れさまでした。山岳トレーニングやSPD-SL導入などツーリング派のSLENDERさんが大変身、これがきっかけでヒルクライマーに方向転換かw エントリーしてから本番までの間も練習やあれこれ想像してみたり結構楽しめますよね、終わっちゃうと寂しいのでは?しかし走りながらしっかり写真撮影されていているのはすごいですねっ。ブロガー魂て奴でしょうか。また来年も皆で参加したいですね。

なな吉│URL│2010/09/28(Tue)23:31:14│ 編集
Re: お疲れ様でした。
ふくおっとさん、こんにちは。ターンパイクでは応援ありがとうございました。


ふくおっとさんのアドバイスもあり、無事完走することが出来ました。とは言え完走だけでなく、もう少し上の目標も狙える手応えも今回感じました。来年また挑戦したいですね。

☆SLENDER☆│URL│2010/09/29(Wed)02:02:50│ 編集
akiさんへ
akiさん、ありがとうございます。


確かに上を見たらきりがないですし、あんまり上の方は到底届かないですが、来年はもう少しだけ上を見たいと思っています。なので、来年は写真を撮る余裕はないと思います(笑)。

☆SLENDER☆│URL│2010/09/29(Wed)02:09:10│ 編集
Re: お疲れ様でした。
なな吉さんもターンパイクお疲れ様でした。それから、ひとりスーパーヒルクライム2010 in 湘南平もお疲れ様でした(笑)。


なな吉さんのチーム登録がきっかけで、今回レースに初出場して貴重な体験ができました。ありがとうございました。今回はツーリング50%レース50%だったので写真を撮りながら上りましたが、来年はレースに100%集中して走りたいと思っています。

☆SLENDER☆│URL│2010/09/29(Wed)02:26:28│ 編集
No title
SLENDERお疲れ様でした
ブログではいつも会ってますが、初の出会いでしたね。見送りしか出来ませんでしたが皆さんのヒルクライム体験を見ていると私も来年挑戦してみたくなりました。今後ともよろしく。

Mちゃり│URL│2010/09/30(Thu)21:24:59│ 編集
Mちゃりさんへ
Mちゃりさん、応援&お見送りありがとうございました。


ところで、Mちゃりさんとは実は今回が初対面ではないのです。去年の2月に松田山でお会いして、少しですが話をさせてもらった事があります。


来年はMちゃりさんもターンパイクに挑戦ですか!いいですね、しまだ組ジャージで一緒に走りましょう。

☆SLENDER☆│URL│2010/10/01(Fri)00:20:34│ 編集
No title
お初にコメントします。ヒルクライムお疲れさまでした。あまりお話が出来ませんでした。次のボタではゆっくり話しができるといいなーと思っています。

f│URL│2010/10/01(Fri)13:28:51│ 編集
fさんへ
ようこそいらっしゃいませ。fさんもヒルクライムお疲れ様でした。


スタートまでの待ち時間はかなりありましたが、確かにあまりお話できませんでしたね。自分では意識していなかったのですが、やはり緊張していたのかも知れません。


そうですね、ポタでご一緒した時にはゆっくりお話しましょう。再生なったジャイアントもじっくり見せてください。

☆SLENDER☆│URL│2010/10/02(Sat)00:20:34│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kimagurenotebook.blog78.fc2.com/tb.php/245-ff3064c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アルバム
ウェザーニュース
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ひとつポチッとお願いします
訪問者数
プロフィール

☆SLENDER☆

Author:☆SLENDER☆
1963年生まれ。
横浜市在住。坂バカの自転車乗りでベイスターズファン。行動範囲はヤビツ・箱根・湘南・三浦半島など。座右の銘は「人間とりあえず死ななきゃOK」。ターンパイクヒルクライム大会皆勤賞中。

【ターンパイクの記録】
◆2010年9月26日 1時間14分
◆2011年10月2日 1時間3分
◆2012年12月2日 1時間10分1秒
◆2013年大会中止
◆2014年開催なし
◆2015年5月24日 1時間8分31秒
◆2016年5月29日 1時間10分43秒
◆2017年9月10日 1時間41分59秒

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Twitter
名言

presented by 地球の名言

広告
マクロミルへ登録 ブログ
Flashリバーシ