自転車の話を中心に、日常の出来事などをきまぐれに綴ります
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
23:33:54

◆プログラム表紙


『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観て来ました。
観終わった直後の感想は、『これは原作のアニメを知らない人のほうが楽しめるな』と言うものでした。


ストーリー的には『宇宙戦艦ヤマト』と『さらば宇宙戦艦ヤマト』をミックスして、最後に『完結編』をちょっと加えてる感じですね。上手く2時間の枠にまとめたと思います。所々でアニメの名場面のテイストも入れてありましたし。ただ、ヤマトが地球を出発してからイスカンダルに着くまでの間に、七色星団の決戦のような盛り上がりがあれば良かったと思いましたね。尺の関係で難しかったのでしょうが。


アニメを実写化する時の最大の難関はVFXだと思いますが、これは良かったと思います。違和感無く普通に見ていられました。


アニメの『ヤマト』では、ヤマトに乗り込む女性隊員は森雪一人でしたが、実写版では多くの女性隊員が乗り組んでいます。この辺りは現代の世相を反映していて、アニメ版からの時の流れを感じますね。


その森雪ですが、実写版になって一番変わったキャラクターです。原作のアニメ版とのギャップが大きすぎて、私は最後まで森雪と認識しきれませんでした。その点で言うと、古代進も同じですね。結局最後まで私は木村拓哉にしか見えませんでした。


逆に徳川機関長役の西田敏行や、斉藤始役の池内博之はアニメのキャラクターの雰囲気が良く出ていたと思います。中でも秀逸なのが真田志郎役の柳葉敏郎です。さすが自らもヤマト世代なので真田のキャラクターが良く分かっていて、セリフの話し方が真田志郎そのものでした。


一番意外だったのは、佐渡先生役の高島礼子です。最初佐渡先生が実写版では女性だ聞いた時、正直『それはないだろう』と思いました。が、映画を見ているうちに『うん、こういう佐渡先生もありだな』と思えてきました。


「ガミラス人の正体」とか「沖田艦長の大博打」とか「コスモゼロのバルキリー化」とか、『それはどうだろう』と思う部分もありますが、全体として良かったと思います。ただ最後は、生きて地球に帰ってきて欲しかったですね。


(敬称略)
関連記事
スポンサーサイト


コメント
No title
やはり、アニメ等の実写化の最大のネックは原作とのギャップですねぇ。
正直言うと、ヤマトは見ようかどうか…今でも迷ってます。
ヤマトの場合、TVと映画を含めると膨大なエピソードがありますから、やはり映画にするには、割り切った物が必要になるでしょうね(見る側も)
しかし、バルキリー化って。。。

どかどか│URL│2010/12/23(Thu)05:51:36│ 編集
どかどかさんへ
コメントありがとうございます。


もしヤマトを見に行かれるのなら、広い心を持って見に行くと楽しめると思います。原作アニメを忠実に再現した実写化ではなくて、ヤマトの世界をモチーフにしたオリジナルだと思うと良いでしょう。


原作アニメファンのお楽しみとしては、ささきいさお、伊武雅刀、緒方賢一、上田みゆきの声を聞くことができますよ。

☆SLENDER☆│URL│2010/12/24(Fri)11:23:05│ 編集
No title
激しく共感します!!

特に森雪のキャラ設定は
あんなツンデレキャラになってたとは
最後まで違和感ありまくりでした(^^;

古代進は
僕も最後までキムタクとして見ていました。
コメントも動作もいつものキムタクという感じで
キムタク好きにはたまらなかったでしょうね~

映画的にはおっしゃるとおり
よく2時間に収めたなって僕も思います。
初めての人もわかりやすい内容で
これでヤマトファンが1人でも
増えたらいいですよねぇ。

にゃおすけ│URL│2010/12/24(Fri)23:45:25│ 編集
にゃおすけさんへ
どうやらにゃおすけさんも、私と同じような感想をお持ちのようですね。もしかしたら、原作を知っているアニメファンはみんな同じ様な感想を持っているのかも知れません。


アニメを忠実に再現した実写版を作ればアニメファンにも拍手喝采で迎えられるだろう事は、監督を始めとしたスタッフ全員がわかっていたことでしょう。でも、昔作られた作品をただ再現するだけと言うのは、クリエーターとしてのプライドが許さなかったのでしょうね。


仰るとおり、この作品をきっかけにして原作アニメを見てくれる人が増えるといいですね。そうやって原作アニメを初めて見た人は「森雪のキャラが全然違う」とか「佐渡先生がオヤジキャラだ!」と言って驚くかも知れませんね(笑)

☆SLENDER☆│URL│2010/12/27(Mon)01:02:44│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kimagurenotebook.blog78.fc2.com/tb.php/277-0a76b441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アルバム
ウェザーニュース
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ひとつポチッとお願いします
訪問者数
プロフィール

☆SLENDER☆

Author:☆SLENDER☆
1963年生まれ。
横浜市在住。坂バカの自転車乗りでベイスターズファン。行動範囲はヤビツ・箱根・湘南・三浦半島など。座右の銘は「人間とりあえず死ななきゃOK」。ターンパイクヒルクライム大会皆勤賞中。

【ターンパイクの記録】
◆2010年9月26日 1時間14分
◆2011年10月2日 1時間3分
◆2012年12月2日 1時間10分1秒
◆2013年大会中止
◆2014年開催なし
◆2015年5月24日 1時間8分31秒
◆2016年5月29日 1時間10分43秒

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Twitter
名言

presented by 地球の名言

広告
マクロミルへ登録 ブログ
Flashリバーシ