FC2ブログ
自転車の話を中心に、日常の出来事などをきまぐれに綴ります
2020/07«│ 2020/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
23:26:02

◆夕日に染まる江の島の海


ネットを彷徨っていたところ、江の島で『エノシマトレジャー』というイベントが開催されている事を知りました。こういう企画に目がない私は、早速エノシマトレジャーに挑戦する事にしました。


*本文には一部ネタバレを含みます。ご注意下さい。
14:39自宅を出発。一路、竜が護る伝説の島エノシマへと向います。エノシマでの私に課せられた使命は、土・水・風・火・金の5つの鍵を探し出してドラゴンの巣へと向かい、ドラゴンの命を狙うダーク・ウィザードからドラゴンを護る事です。


国境に流れる川を下りエノシマへと向う私に、強い風が吹き付けてきます。私をエノシマへと近づけたくない、ダーク・ウィザードの攻撃です。しかし私は、強靭な意志の力でダーク・ウィザードの攻撃を跳ね除け前進します。ところが私は、この冒険に絶対必要なアイテムを家に忘れてきてしまいました。それは魔法のペンです。


5つの鍵の隠し場所にはそれぞれキーワードがあり、そのキーワードを魔法のペンで宝の地図に書かなければならないのです。仕方が無いので、途中のコンビニで魔法のペンを購入します。


20110207_005.jpg
◆魔法のペン¥95


無事魔法のペンを購入した私は、次に宝の地図を手に入れるためドラゴンが護る鉄道の駅、江ノ島駅へと向います。


20110207_009.jpg
◆ドラゴンの加護を受ける江ノ島駅


20110207_007.jpg
◆宝の地図ゲット!


宝の地図を手に入れた私は、先ず水の鍵がある場所へと向います。


20110207_101.jpg
◆水の鍵の場所を示す暗号


実は宝の地図はPCでも見る事が出来て、前日にすべての暗号は解読済みなので、迷う事無く水の鍵の場所にたどり着きました。場所にはたどり着いたのですが、肝心の鍵が見つかりません。すると、丁度同じくエノシマトレジャーに挑戦している親子連れがいたので、
「見つかりました?」と聞いたところ、
「えぇ、あそこです」と、教えてもらいました。


20110207_015.jpg
◆水の鍵発見!(キーワードは消してあります)


いきなり人の力を借りましたが、大事なのは経過よりも結果です。これもドラゴンを護るためですから、仕方ありません。


次は風の鍵の場所へと向います。


20110207_100.jpg
◆風の鍵の場所を示す暗号


風の鍵はすぐに見つかりました。


20110207_017.jpg
◆風の鍵発見!(キーワードは消してあります)


風の鍵はすぐに見つかったのですが、暗号にある『地に上がった魚』と言うのが見つかりません。まぁ、鍵が見つかったのですからどうでもいいと言えばいいのですが、気になってしまいます。そこで更に探索を進めたところ、ついに地に上がった魚を見つける事が出来ました。それは、遊具に巧妙に擬態していました。


20110207_018.jpg
◆これが地に上がった魚だ!


ちょっと苦しい気もしますが・・・それはさておき、次は火の鍵の場所へ向います。


20110207_102.jpg
◆火の鍵の場所を示す暗号


20110207_026.jpg
◆魚とたわむれる人


魚とたわむれる人のすぐ近くに、火の鍵はありました。が、火の鍵の書を写真に撮るのを忘れてしまいました。どうやらダーク・ウィザードの精神攻撃『写真を撮るのを忘れる波』を受けていたようです。


3つの鍵を集める事に成功した私は、いよいよ伝説の島エノシマへ上陸します。残り2つの鍵はエノシマにあるのです。


20110207_027.jpg
◆エノシマへ上陸


残りの鍵はエノシマの最深部にあります。ここから先は道が険しく自転車での走行は不可能なので、徒歩で先へ進みます。


20110207_035.jpg
◆エノシマの最深部へ向う


険しい道を進む私の前に、ダーク・ウィザードの僕である魔獣が現れました!


20110207_041.jpg
◆魔獣『ヌコ』


魔獣の攻撃を何とかしのぎ、更に前進します。


20110207_047.jpg
◆コナン君もエノシマトレジャーに参加?!


エノシマで先ず私が目指したのは、金の鍵の場所です。


20110207_098.jpg
◆金の鍵の場所を示す暗号


前日にすべての暗号は解いていたのですが、この金の鍵の場所だけは候補地が2つありました。その2つの候補地の内、先ずは可能性が高い方へ向います。が、その場所に着いて探索するも、鍵は見つかりません。範囲を更に広げて探索していると、もうひとつの鍵、土の鍵の場所へと通じる道を発見したので、そちらへ先に向かう事にしました。


20110207_099.jpg
◆土の鍵の場所を示す暗号


うっそうとした森を進んでいくと、突然目の前に大蔵を讃える塔が現れました。


20110207_058.jpg
◆大蔵を讃える塔


塔の周りを注意深く探索して、巧妙に隠された土の鍵を見つけました。


20110207_061.jpg
◆カモフラージュされた土の鍵を発見!


これで残るは金の鍵だけです。もしかして見逃しているかも知れないと思い、先ほどの場所をもう1度探索してみましたが、やはり鍵は見つかりません。そこで私は、改めて宝の地図を見直してみました。


実は宝の地図には暗号の他にも、鍵の場所を示す印が隠されている事に私は気付いていました。その場所をエノシマの地図と照らし合わせて確認してみると、金の鍵はもうひとつの候補地にあると言う事が分かりました。最後にこんなトラップが仕掛けられていたとは!闇が迫るエノシマの道を、急いで金の鍵の場所へと向います。


20110207_076.jpg
◆雰囲気の良いカフェがありました


金の鍵の場所への入口にはたどり着きましたが、時すでに遅し!鋼鉄の格子によって封印されていて、鍵の場所へ行く事は出来ませんでした。


20110207_077.jpg
◆封印された入口


残念ですが、今日はあきらめるしかありません。すっかり闇に覆われたエノシマの道を戻る事にします。


20110207_080.jpg
◆夜の江の島の道


20110207_089.jpg
◆ハーバーを見下ろす


20110207_090.jpg
◆土産物屋もそろそろ店じまい


20110207_095.jpg
◆冒険で疲れた身体と心を癒す1本


このコーヒー、美味しかったですね。


18:00エノシマを出発。帰路についた私を、再び強い向かい風が襲います。二度とエノシマに近づくな、と言うダーク・ウィザードの警告でしょう。しかし私は負けません。残りの鍵を手に入れ、ドラゴンの巣へたどり着くために、いつか必ずエノシマに戻ってきます。


19:00に帰宅しました。


走行距離:33.50km
登坂高度:80m


関連記事
スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kimagurenotebook.blog78.fc2.com/tb.php/297-564e1544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
アルバム
プロフィール

☆SLENDER☆

Author:☆SLENDER☆
1963年生まれ。
横浜市在住。自称クライマーの自転車乗り。行動範囲はヤビツ・箱根・湘南・三浦半島など。座右の銘は「人間とりあえず死ななきゃOK」。ターンパイクヒルクライム大会皆勤賞継続中。

【ターンパイクの記録】
◆2010年9月26日 1時間14分
◆2011年10月2日 1時間3分
◆2012年12月2日 1時間10分1秒
◆2013年大会中止
◆2014年開催なし
◆2015年5月24日 1時間8分31秒
◆2016年5月29日 1時間10分43秒
◆2017年9月10日 1時間41分59秒
◆2018年10月21日 1時間10分8秒
◆2019年10月6日 1時間10分13秒

訪問者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Twitter
名言

presented by 地球の名言

広告
マクロミルへ登録