自転車の話を中心に、日常の出来事などをきまぐれに綴ります
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2012/07/01
21:57:38

◆フジ55の表彰台

富士スピードウェイで行われたフジ55に、100キロソロで参加してきました。雨に降られてしまいましたが、貴重なサーキット走行を楽しみました。が、最初から最後まで、運営の悪さに振り回された大会でもありました。

【本大会に於いて、残念ながらひとりの方が事故で亡くなられました。同じ自転車仲間としてご冥福をお祈りいたします】
4:00に自宅近くのコンビニでYさんと待ち合わせ。Yさんが車で迎えに来てくれました。ありがとうございます。

東名高速で御殿場へ向かっていると、足柄の辺りで雨が落ちてきました。

20120701_003.jpg
◆雨が・・・!

御殿場に着くと、幸いにも雨は降っていませんでした。このまま午前中くらいは降らずにいてくれるとありがたいのですが・・・

富士スピードウェイに近づくと、大会に参加する車で渋滞が発生。まだゲートが開いていないので、車の列はゲート前の待機スペースへ誘導されます。ここでシルキーさんの車(スレイプニルさんが同乗)と合流しました。

やがて5:30になりゲートが開くと、待機スペースの車が一斉にゲートへ通じる出口に殺到して大渋滞!誘導員がいないので、後から来た車が先にゲートへ向かったりしています。更に、ゲートが開いた後からやって来た車は道路から直接ゲートへ向かうので、ゲート前はもはやカオス状態。

20120701_005.jpg
◆ゲート前も大渋滞

20120701_007.jpg
◆ゲートを抜けてもまだ渋滞

結局駐車場に車を止めた時には7:00になっていました。横浜から御殿場まで1時間30分でしたが、待機スペースから駐車場までのわずかな距離で同じだけの時間が掛かってしまいました。おかげで試走も出来ずに本番を向かえる事になりました。

車から自転車を降ろし、先ずは受付へ向かいます。受付は年代別に窓口が分かれていて、私が40代の窓口へ向かおうとすると、「40代で間違いないですか?」と係員に声を掛けられました。どういう意味だ!(爆笑)

受付でゼッケンと計測チップを受け取ると、ピットへ向かいます。先に受付を済ませたシルキーさんが、場所を確保してくれました。しかしピット内はすでにいっぱいで、ピット横の軒下しか場所がありませんでした。でも、雨が凌げるだけでもありがたいです。

20120701_010.jpg
◆何とか場所を確保

レーススタートの8:00まであまり時間がないので着替えや補給、ゼッケンや計測チップの装着など、スタート前の準備にあわただしく取り掛かります。すると、スタート時間が30分遅くなると言う情報が流れてきました。ゲート前の渋滞を考えると、予定通り8:00だとスタートに間に合わない人が出てくるでしょうから、致し方のない事でしょう。結局最終的にはスタート時間は9:00(だったかな?)になりました。

準備を終え時間になったので、ピットを出てスタート地点へ向かいます。

【レース中の写真はありませんので、ご容赦ください】

当初の予定より時間は遅れているのですが、スターティングセレモニーはキチンと行われます。早めに切り上げて走らせて欲しいなぁ。

そして、いよいよスタート!最初の1周はペースカーが入り追い越し禁止です。1周を終えてホームストレートに戻ってくると、『あれ?上りが去年よりつらくないぞ?』と感じました。この感じなら、100キロノンストップで走れるかも知れません。

実は当初の予定では1回か2回、ピットに入って休憩を取るつもりでした。なのでボトルも1本だけ積んで、ピットインした時に給水すればいいと思い、ボトルケージも1個しか付けてきませんでした。が、同じ100キロソロにエントリーしているシルキーさんもYさんもノンストップで走ると聞き、私も最初から休憩ありきではなくノンストップで走る事を目指し、どうしても走れなくなったらピットインする作戦に切り替えました。なので、一応予備で持ってきたボトルケージをスタート前に取り付けて、ボトルも2本積みました。

何周か周回を重ねた時、トラブルが発生している事に気が付きました。サイコンが計測されていなかったのです!

私はキャトアイとVDOの2つのサイコンを付けています。VDOのサイコンは雨に弱く、ちょっとでも濡れると誤作動を起こすので、今日はカバーを付けています。そのカバーのせいで表示が見づらいので、今日は濡れても平気なキャットアイのサイコンをメインに使って、距離の管理をしようと思っていました。が、そのキャットアイのサイコンが計測不能になっていたのです。ゴール後にチェックしてみると、マグネットがずれていて計測できなくなっていました。仕方が無いのでキャットアイは諦めて、ちょっと見づらいですがVDOで距離の管理をする事にします。

序盤の周回のホームストレートへの上りの途中で、スレイプニルさんに追い越されました。さすが馬脚!段違いのスピードで上っていき、あっという間に見えなくなってしまいました。シルキーさんとYさんもスタート時は横にいたのですが、あっという間に千切られてしまい、その後2人の姿を見る事はありませんでした。

走行距離が70キロを越えた頃、ついに雨が降り出してしまいました。路面状態はみるみるウエットになっていき、やがて水を巻き上げて走るようになりました。こうなると落車が多くなります。特に第1コーナーから第2コーナーにかけての落車が多かった様に思います。ここは全コース中一番スピードが出る所ですからね。救急車も何度か出動していました。

レースも終盤になり、ノンストップで最後まで行ける目処が立ちました。が、この頃の私はひとつの疑問を抱いていました。それは「サイコンの距離表示は本当に合っているのか?」と言う疑問です。

事前のトレーニングで鎌倉山周回コースを走った時は、50キロで2時間40分ほど掛かりました。これを単純に倍にすると、100キロ走るのに5時間以上掛かる計算になります。ですが、現在の時間はまだ2時間30分ほど。このままでは3時間台でゴールしてしまいます。「こんなに早くゴールできるのか?もしかしてサイコンの表示が距離じゃなくて獲得標高になっているんじゃないのか?」とか思い、サイコンのボタンを何度も押したりしていました(苦笑)

走行距離も100キロに近くなり、あと1周で規定の22周に到達すると思われる所まできました。が、万が一の事を考えて、あと2周走る事にします。ところが、この数周前から私は忍び寄る敵との戦いをしていました。尿意に襲われていたのです(苦笑)。折角ここまでノンストップで走ってきたので、出来ればこのまま最後まで走り切りたいと思い、我慢をして周回を重ねます。が、22周目(と思われる)の周回に入ると、限界が近づいてきました。『どこかで止まって、コース脇で用を足そうか?』とか『どうせ雨でずぶぬれなんだし、このまま漏らしてしまおうか?』などと、とんでもない考えが頭を過ぎります(爆笑)。しかし、そこまでして勝負に徹する覚悟は出来ていないので、1度ピットに戻る事にしました。

ピットに戻って自転車を置くと、急いでトイレに直行!無事用を足すと、万が一の為の1周を走るために再びコースイン。1周走ってフィニッシュラインを超えると、ゆっくり流してもう1周してピットに戻りました。

20120701_013.jpg
◆160キロ、250キロのレースはまだ終わらない

20120701_017.jpg
◆爆走!スレイプニルさん

20120701_019.jpg
◆ピットロード

やがて、ただひとり160キロソロにエントリーしていたスレイプニルさんもレースを終えて、ピットに戻ってきました。これで全員無事完走です。

20120701_001S.jpg
◆全員完走

レース終了後、計測チップと交換で完走証をもらえる事になっていたのですが、どうも完走証の準備が出来ていないようで、後日郵送になりました。

20120701_024.jpg
◆後日郵送

クラス別で入賞を目指していたシルキーさんはリザルトが気になる様子。ですが、いくら待っても暫定のリザルトも発表されません。このままでは帰りが遅くなりそうなので、後ろ髪を引かれつつ撤収する事にしました。

富士スピードウェイをあとにして、御殿場市内のファミレスに移動してお疲れさん会。

20120701_029.jpg
◆ファミレスに移動

20120701_027.jpg
◆お疲れさんのご褒美♪

ひとしきりおしゃべりを楽しんだあと、ここで解散。私はYさんの車で送ってもらい、途中で渋滞に巻き込まれたりしましたが、18:00頃帰宅しました。

後日発表されたリザルトでは、私は年代別で145位。総合で487位でした。中の下くらいの平凡なリザルトでしたが、自分なりに力を出し切った満足感はあって、何より楽しかったですね。ただ、富士スピードウェイでは2年連続で雨に降られたので、もし次回があるなら晴れたときに走りたいですね。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
No title
お疲れさんでした。
事故の情報があったので心配してましたが・・・何はともあれ完走オメデトウさんです。
来る14日の「60overサイクリング」では介護お願いします。

azuki│URL│2012/07/03(Tue)18:55:54│ 編集
Re: No title
>azukiさん

ありがとうございます。
終盤雨が降り出してからは、コーナーではスピードを少し抑えて安全運転で行きました。

14日の還暦サイクリング。しまだ組の還暦な皆さんは元気なので、私は後ろを付いて行くだけでいいですね(笑)。よろしくお願いします。

☆SLENDER☆│URL│2012/07/04(Wed)01:01:59│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
◆フジ55富士スピードウェイで行われたフジ55に、100キロソロで参加してきました。雨に降られてしまいましたが、貴重なサーキット走行を楽しみました。が、最初から最後まで、運営の

2012/07/03(火)02:56:24|まとめwoネタ速neo
トラックバックURL
→http://kimagurenotebook.blog78.fc2.com/tb.php/492-034d3676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アルバム
ウェザーニュース
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ひとつポチッとお願いします
訪問者数
プロフィール

☆SLENDER☆

Author:☆SLENDER☆
1963年生まれ。
横浜市在住。坂バカの自転車乗りでベイスターズファン。行動範囲はヤビツ・箱根・湘南・三浦半島など。座右の銘は「人間とりあえず死ななきゃOK」。ターンパイクヒルクライム大会皆勤賞中。

【ターンパイクの記録】
◆2010年9月26日 1時間14分
◆2011年10月2日 1時間3分
◆2012年12月2日 1時間10分1秒
◆2013年大会中止
◆2014年開催なし
◆2015年5月24日 1時間8分31秒
◆2016年5月29日 1時間10分43秒

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Twitter
名言

presented by 地球の名言

広告
マクロミルへ登録 ブログ
Flashリバーシ