自転車の話を中心に、日常の出来事などをきまぐれに綴ります
2017/02«│ 2017/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:52:59

◆あいあい岬の絶景

伊豆半島一周チャレンジも、いよいよ後半。今回私が一番楽しみにしていた南伊豆、西伊豆の景色を見ながら走ります。
09:49石廊崎灯台に到着。灯台の先にも道が続いていましたが、時間が無かったので灯台の写真だけ撮るとすぐに折り返します。

県道16号線に戻り、次の目的地あいあい岬に向かいます。

20141011_103.jpg
◆あいあい岬到着(10:19)

20141011_097.jpg
◆あいあい岬東側の眺め

ここは絶景ですね!こういう景色を見たくて走って来たので、疲れも忘れて眺めていました。

ここから先の南伊豆や西伊豆は景色の良い場所が続きますが、それに比例するようにアップダウンが厳しくなります。

また、度々風にも悩まされましたね。

今回、一番恐れていたのが風です。遠く沖縄にある台風19号の影響で、強風が吹くのでは?と心配していました。

実際伊豆に入ってから何度も向かい風に晒されましたが、ハンドルが持っていかれてしまう様な強風には会わなかったので助かりました。

20141011_106.jpg
◆お猿のトンネルを抜けて

20141011_110.jpg
◆妻良港へ(11:07)

妻良港を過ぎたらすぐ上り(苦笑)

20141011_115.jpg
◆色づき始めた山@伊鈴大橋(11:16)

上って上って夕日ヶ丘に到着。

20141011_120.jpg
◆夕日ヶ丘の眺め(11:47)

ここから西伊豆に掛けて、◯◯の丘と言う場所がいくつも出てきます。今度是非「英雄の丘」も作って欲しいですね(沖田艦長ぉぉぉ!)

そろそろ昼食の時間です。お腹も大分空いてきました。

夕日ヶ丘でもラーメンやカレーを食べる事はできますが、折角伊豆に来ているのだから海の物が食べたい。松崎まで行けば、そんなお店の1件もあるでしょう。そこまでは我慢して進みます。

しかし、空腹を抱えたまま走れるほど、伊豆は甘くありません。松崎の手前、雲見まで来た所で空腹も限界!見つけた食堂に飛び込んでしまいました(苦笑)

20141011_127.jpg
◆雲見の仲嶋食堂(12:32)

20141011_126.jpg
◆で、頼んだのは親子丼

全然海関係ないじゃん(爆笑)

20141011_132.jpg
◆雲見の海岸(13:00)

20141011_134.jpg
◆海の色がきれい

国道136号線を地図で確認すると『彫刻ライン』と別名が書かれています。『何で彫刻?』と思いながら走っていると、道路脇にいくつも彫刻が置かれているのに気が付きました。

20141011_141.jpg
◆道路脇の彫刻(13:20)

だから彫刻ラインなのですね。

松崎の街を過ぎると、堂ヶ島。

20141011_150.jpg
◆堂ヶ島(13:44)

いくつものトンネルを潜って宇久須に入り、宇久須キャンプ場で休憩&給水。

20141011_155.jpg
◆宇久須キャンプ場(14:24)

キャンプ場を出発すると、すぐにまた上り。

坂を上っていると、前方でグルグル回っている物を発見。『あっ!いつかテレビで見たやつだ!』

20141011_156.jpg
◆グルグルまわ~る(14:48)

確か、猫に取られない様にするため回しているのですよね?

20141011_159.jpg
◆恋人岬に到着(15:00)

案内板を見ると、岬までは歩いて行く様なので、入り口からそのまま引き返します。『どうせ恋人いないし、別に行かなくてもいいや!』

私にとって興味があるのは、恋人よりもこっちですかね(苦笑)

20141011_161.jpg
◆土肥金山(15:18)

何でも世界一の金塊があるそうですよ。

20141011_162.jpg
◆祭り太鼓練習中

20141011_168.jpg
◆旅人岬通過(15:24)

『どこかで仮眠を取りたいな』と、適当な場所を探していたら、うってつけの場所がありました。

20141011_172.jpg
◆ここなら野宿も出来る?(16:00)

お邪魔しました。

山を越えて、眼下に戸田港を見ながら下って行きます。

20141011_180.jpg
◆戸田港に到着(16:39)

井田トンネルまでの上りに備えて、コンビニで休憩&補給。

だいぶ日も傾き、空も明るさを失いつつあります。再びナイトライドに突入する時が迫って来ました。

戸田港を後にして山を上って行くと、戸田港を見下ろせる眺めの良い場所に出ます。出逢い岬です。

20141011_182.jpg
◆出逢い岬から戸田港を見下ろす(17:02)

何度か上り下りを繰り返すと、前方に井田トンネルが見えて来ました。

20141011_188.jpg
◆井田トンネル(17:30)

このトンネルを抜けると、伊豆のアップダウンはほぼ終わり。言わば伊豆の出口、でしょうか?

井田トンネルを抜けると、中華ライトを点灯。ここからナイトライドです。

20141011_189.jpg
◆夜釣りの船が準備中@久科

やがて沼津の街が近づいて来ると、車も増えて来ます。

狩野川を渡り、県道380号線との交差点である三枚橋の角にあるすき家で夕食。箱根越えの前に、しっかり補給します。

県道380号線から国道1号線に入り、いよいよ最後の難関箱根峠越えに挑みます。

20141011_195.jpg
◆箱根峠へ登坂開始(20:05)

今回の伊豆半島一周では、最後の箱根峠までにどれだけ脚を残せるか?が鍵だと思っていました。その為、伊豆半島に入ってからの上りでは軽いギアを回して省エネを心掛け、少しでも脚を残す様に意識していました。

標高を稼いで行くと、段々と気温も下がって来ます。途中でウインドブレーカーを着て、更に上ります。

1台のオートバイが追い越して行く時クラクションを鳴らし、手を振って応援してくれました。嬉しかったですね。

何度か小休止を取りながら上り、やっと箱根峠に到着。峠は霧雨が降っていて、震えるほど寒かったです。

20141011_199.jpg
◆霧雨の箱根峠に到着(21:45)

先を急ぐので、トイレだけ済ませるとすぐに出発。すっかり夜の帳の中ですが、ここから先は走りなれた道なので安心感があります。

芦ノ湖まで下って来ると、霧雨も上がりました。

旧道を下り、途中の畑宿のバス停で少し仮眠。更に下って三枚橋で時間を確認すると、22:49です。24時間までは、あと1時間30分程あります。

『もしかして、間に合う?』

そう思ったら全力疾走!残りの力を全て絞り出してペダルを回します。しかし、またしても眠気が・・・

とは言え、もう仮眠を取っている時間はありません。自販機を見つけると、眠気覚ましにブラックコーヒーを投入。

20141011_202.jpg
◆これで最後まで持たせます

大磯から国道134号線に入り、喘ぎながらラストスパート。そして、茅ヶ崎サザンCに到着。時間は・・・!

20141012_001b.jpg
◆サザンC到着(0:11)

『間に合ったーッ!』

僅か7分残しとギリギリでしたが、何とか24時間で戻って来る事が出来ました。

精魂尽き果てて地面にへたりこんでいたら、いつの間にか寝てしまいました。

『いかんいかん。帰らねば』

しかし、ここからが大変でした。もう、まともにペダルを回す力も無く、時速10km位のノロノロ運転しか出来ません。しかも、猛烈な睡魔に襲われて意識が飛びそう(苦笑)

そこで、バス停のベンチで仮眠しては少し走り、公園のベンチで仮眠しては少し走り、といった事を繰り返して、何とか無事帰宅。普通なら1時間位で帰れる所が、2時間30分も掛かってしまいました。

帰宅すると熱いシャワーで冷えた身体を温め、ベッドへダイブ!あっという間に眠りに落ちました。

石廊崎からの走行距離200.5km
石廊崎からの獲得標高3316m

全行程の走行距離364.5km
全行程の獲得標高5099m
(ルートラボ調べ)

私はやり切りましたよ!


関連記事
スポンサーサイト


コメント
お疲れ様でした!
360km越え、お疲れ様でした。伊豆の地形や最後に箱根が来るのを考えると、新潟に行くより遥かにハードな行程ですよ。すごいです。
ボクなら軽く30時間超orDNFコースですね(笑)

かんな│URL│2014/10/21(Tue)02:59:48│ 編集
Re: お疲れ様でした!
>かんなさん

ありがとうございます。今回完走できた事で、新潟まで行く自信が付きました。

かんなさんもチャレンジしてみては?私でも完走できたのですから、かんなさんもきっと完走できますよ!

☆SLENDER☆│URL│2014/10/21(Tue)21:48:35│ 編集
300km-24時間 夢の夢ですね
私には24時間戦えません、
ましてや300kmは夢のまた夢
しかし、頑張りましたね。特に最後の箱根峠は
慣れた道とは言え、最後に越すにはきつすぎ。

momongerURL│2014/10/21(Tue)22:54:48│ 編集
Re: 300km-24時間 夢の夢ですね
>momongerさん

24時間戦いましたが勝利したとはおこがましく、泥仕合の末に何とか引き分けに持ち込んだ、と言った感じでした。

三島から箱根峠を越えたのは、実は今回で3回目でした。激坂はありませんがダラダラと長いので、集中力を切らさない様に心がけていました。

☆SLENDER☆│URL│2014/10/22(Wed)00:00:26│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kimagurenotebook.blog78.fc2.com/tb.php/777-4d421b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アルバム
ウェザーニュース
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ひとつポチッとお願いします
訪問者数
プロフィール

☆SLENDER☆

Author:☆SLENDER☆
1963年生まれ。
横浜市在住。坂バカの自転車乗りでベイスターズファン。行動範囲はヤビツ・箱根・湘南・三浦半島など。好きな言葉は「人間とりあえず死ななきゃOK」

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Twitter
名言

presented by 地球の名言

広告
マクロミルへ登録 ブログ
Flashリバーシ