自転車の話を中心に、日常の出来事などをきまぐれに綴ります
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
23:31:54

◆自転車レーンを走りましょう

磯子の事業所へヘルプに行った帰り、自転車レーンを見つけました。
20151115_004.jpg
◆自転車レーン

自転車レーン、どんどん増えると良いですね。ただ、問題もあります。

20151115_005.jpg
◆こうは書いてありますが

20151115_009.jpg
◆現実はこう

駐車スペースにされてしまっている事も多いですね。

こういうのを見ると自転車乗りの立場からは「自転車レーンに車を停めるなんて迷惑だ!」と思ってしまいますね。

自転車レーンに駐車している車を避けるには、突然ドアが開いた場合の事も考えて、車道のほぼ中央まで出ていかなければなりません。もちろん後方確認して手信号で右側へ出る事を知らせますが、ちょっと怖いのも事実です。

逆に車を運転するドライバーは自転車乗りに対して「道交法守らないなら道路を走るな!」と思っているかも知れませんね。

悲しい事に、道交法を守らない自転車乗りは少なくありません。無灯火や信号無視、右側逆走は日常茶飯事です。

自転車に乗る人のかなりの人数は車も運転すると思いますが、車に乗っている時はきちんと道交法を守るのに、自転車に乗った途端何故平気で無視するのか、全く理解出来ません。

因みに私は自動車免許は持っていません。

現状の日本では自転車乗りとドライバーが対立関係にある事が多いと思います(もちろん全てとは言いません)。ヨーロッパの国々の様に、自転車と車が共存出来る世界になれば理想なのですが、日本がそうなるには100年は掛かりそうです。

そんな理想の世界に1mmでも近づく為に自分に出来る事は何か?と考えて、心がけている事があります。それは、道を譲ってくれたドライバーに手を上げたり会釈をしてお礼をする事です。

お礼をされて悪く思う人はいないでしょうから、「また次も自転車に道を譲ってやるか」と思ってもらえるかも知れません。そういう人がひとりでも増えれば自転車乗りとドライバーの相互理解が進み、理想の世界に近づくと思うのです。

ま、私の力などミジンコ程もありませんが(笑)

関連記事
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kimagurenotebook.blog78.fc2.com/tb.php/912-4b5a677c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アルバム
ウェザーニュース
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ひとつポチッとお願いします
訪問者数
プロフィール

☆SLENDER☆

Author:☆SLENDER☆
1963年生まれ。
横浜市在住。坂バカの自転車乗りでベイスターズファン。行動範囲はヤビツ・箱根・湘南・三浦半島など。座右の銘は「人間とりあえず死ななきゃOK」。ターンパイクヒルクライム大会皆勤賞中。

【ターンパイクの記録】
◆2010年9月26日 1時間14分
◆2011年10月2日 1時間3分
◆2012年12月2日 1時間10分1秒
◆2013年大会中止
◆2014年開催なし
◆2015年5月24日 1時間8分31秒
◆2016年5月29日 1時間10分43秒
◆2017年9月10日 1時間41分59秒

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Twitter
名言

presented by 地球の名言

広告
マクロミルへ登録 ブログ
Flashリバーシ