自転車の話を中心に、日常の出来事などをきまぐれに綴ります
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
23:31:25

◆ユーシン渓谷へ

山の紅葉もそろそろ終盤。最後に紅葉見物に行こうと調べて見ると、丹沢湖やユーシン渓谷はまだ紅葉が見られるらしい。ユーシン渓谷はまだ行った事がないので、この機会に行ってみる事にしました。
8:20自宅を出発。空は快晴!風もあまりなく、ツーリング日和です。

小田厚側道からも富士山がきれいに見えます。

20151129_006.jpg
◆小田厚側道から富士山

秦野からは水無川に沿って進みます。

20151129_014.jpg
◆水無川に沿って進む

平和橋まで遡って左折し、三廻部へ向かいます。

20151129_020.jpg
◆三廻部の里へ

20151129_024.jpg
◆三廻部

三廻部に来るのも随分と久しぶりです。街からそれほど離れていないのに、のどかな山里の雰囲気がある良い場所です。

土佐原林道で寄へ。

20151129_038.jpg
◆土佐原林道

寄からは川音川を遡ります。

20151129_045.jpg
◆川音川を遡る

20151129_048.jpg
◆川音川の紅葉

やがて赤い橋が見えてきます。

20151129_060.jpg
◆寄大橋

橋の上には観光バス2台が、周辺にも数台の車が停めてあり、結構な人数が山に入っているようです。

所々に残っている紅葉を見ながら林道を上ります。

20151129_062.jpg
◆秦野峠林道の紅葉

20151129_070.jpg
◆秦野峠林道の紅葉2

そして、山の中の危険な看板。

20151129_079.jpg
◆熊出没!

今日はひとりで山に入っているので、最低限の備えはしてきました。

20151129_081.jpg
◆熊鈴装備

20151129_086.jpg
◆秦野峠に到着

ここから「秦野峠に到着」とツィート出来ました。こんな山の中でも電波があるのですね!

20151129_087.jpg
◆秦野峠からの富士山

三廻部に入る前にコンビニで買っておいたおにぎりで昼食。ひとりで黙々と食べていたのですが、やがて20名程のハイカーの集団がやって来て、静かな峠がいきなり賑やかになりました(笑)

20151129_090.jpg
◆賑やかな峠

ハイカー集団に別れを告げて、丹沢湖へと向かいます。

途中で写真を撮っていると、下から上ってきたMTBが1台。話を聞くと、秦野峠林道は初めてとの事。「もう少しで峠ですよ。頑張って下さい」と言って背中を見送りました。

20151129_094.jpg
◆頑張って下さい!

20151129_106.jpg
◆丹沢湖が見えてきた

丹沢湖に出ると右折し、玄倉林道でユーシンロッジを目指します。

20151129_129.jpg
◆湖畔の紅葉

20151129_132.jpg
◆玄倉第一発電所

20151129_145.jpg
◆ユーシン渓谷の紅葉

20151129_156.jpg
◆洞門を潜る

20151129_161.jpg
◆境隧道

境隧道を抜けると、正にここを境にして舗装路は終わり未舗装になります。いや、未舗装等と言う生易しい物ではありません。ガレ場です!

20151129_162.jpg
◆ガレ場になってしまった

『ここまでにして、引き返すか?』とも考えましたが、ここで勇気ある撤退が出来ない男、SLENDERの本領発揮!

『取り合えず行ける所まで行ってみよう』(苦笑)

道はガレていますが、何とか乗車出来ます。パンクのリスクを下げる為、大きな石や鋭角な石は踏まない様に路面を注視して進みます。が、ふと気付きました。

『これじゃ路面ばかり見ていて、周りの景色が全然見られないぞ』(笑)

そこで乗車は止めて、押して歩く事にしました。

玄倉林道にはいくつかのトンネルがあります。山の中のトンネル故、照明はひとつも付いていません。中でも一番怖いのが、新青崩隧道です。

20151129_163.jpg
◆新青崩隧道

このトンネルはカーブしていて、中に入ると入口も出口も見えなくなり本当に真っ暗闇です。ライトがなければ、通り抜ける事は不可能です。

20151129_171.jpg
◆玄倉ダム

20151129_181.jpg
◆河原には巨岩がゴロゴロ

時間はそろそろ15時。山の日暮れは早いので、帰りの事を考えるとこのまま無制限に進むのは危険です。そこで、15:30までにユーシンロッジに着かなければ引き返す事に決めます。

20151129_185.jpg
◆素掘りのトンネルもあります

20151129_194.jpg
◆こんな山の中までパトロール!

先を急ぐ為、道の状態が少しでも良い所は乗車して進みます。そして、タイムリミットが迫る15:20に、ようやくユーシンロッジに到着しました。

20151129_196.jpg
◆ユーシンロッジに到着

ユーシンロッジは現在閉鎖していますが、緊急避難用に一部屋だけ解放しています。あと、トイレも利用可能です。

さて、あまりゆっくりしていると日が暮れてしまうので、早々に帰路につきます。出来れば丹沢湖まで、最低でも舗装路が始まる境隧道までは日があるうちに着きたいところです。幸いな事に帰路は下りなので、往路より時間が掛かりません。

20151129_216.jpg
◆落石で曲がったガードレール(怖)

20151129_220.jpg
◆名残の紅葉

20151129_228.jpg
◆崖崩れあと?

まだ明るさが残る16:30に、無事丹沢湖に到着。ホッと一息ついて玄倉商店で休憩。

20151129_241.jpg
◆玄倉商店

20151129_240.jpg
◆安堵のコーヒータイム

玄倉林道を下っている途中で小さな子供を連れた家族を追い越しましたが、あの家族はきっと山の中で日が暮れてしまったでしょう。パッと見普段着でハイカー用の装備はなかった感じだったので、無事に下山出来ていれば良いのですが。

夜の帳が迫る中、玄倉商店を出発。山北へ下り、旧道や裏道を使って国道を避けて渋沢まで。渋沢から国道246号線、伊勢原から長後街道を走って20:00に帰宅しました。

走行距離135.75km
獲得標高1846m

関連記事
スポンサーサイト


コメント
No title
SLENDERさんこんにちは。

ユーシン渓谷にはるばる行かれたんですね。
実は自分もこの秋、お仲間と玄倉からユーシンロッジまで歩く予定だったんです。
ところが直前になって足の具合が悪くなってしま断念したところです。
SLENDERさんの記事を見て羨ましかったです。
来年を期待しているんですが、足の調子があまり良くないので厳しそうです。
SLENDERさんもあまり無理をせず楽しんで下さい。

aki│URL│2015/12/21(Mon)05:08:45│ 編集
Re: No title
>akiさん

こんにちは。

ユーシン渓谷、断念されたのですか。それは残念でしたね。
玄倉からユーシンロッジまではずっと上りですが、勾配のきつい所はあまりありません。来年までに足が治ると良いですね。
私もまだ膝が万全ではないので、今はあまり無理をしない様に気を付けています。お心遣い、ありがとうございます。

☆SLENDER☆│URL│2015/12/22(Tue)01:10:15│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kimagurenotebook.blog78.fc2.com/tb.php/917-fbaaca2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アルバム
ウェザーニュース
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ひとつポチッとお願いします
訪問者数
プロフィール

☆SLENDER☆

Author:☆SLENDER☆
1963年生まれ。
横浜市在住。坂バカの自転車乗りでベイスターズファン。行動範囲はヤビツ・箱根・湘南・三浦半島など。座右の銘は「人間とりあえず死ななきゃOK」。ターンパイクヒルクライム大会皆勤賞中。

【ターンパイクの記録】
◆2010年9月26日 1時間14分
◆2011年10月2日 1時間3分
◆2012年12月2日 1時間10分1秒
◆2013年大会中止
◆2014年開催なし
◆2015年5月24日 1時間8分31秒
◆2016年5月29日 1時間10分43秒

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Twitter
名言

presented by 地球の名言

広告
マクロミルへ登録 ブログ
Flashリバーシ