自転車の話を中心に、日常の出来事などをきまぐれに綴ります
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
23:20:59

◆やって来ました仁ヶ久保林道

箱根ヒルクライムまで、いよいよあと1週間。ヤビ2練で長い時間心肺に負荷を掛ける練習は出来ましたが、やはり勾配に対する耐性も付けておきたい。そこで、私のヒルクラ練のホームコースにして原点である仁ヶ久保林道に行く事にしました。
仁ヶ久保林道は距離4.5km、平均勾配8.5%、最大勾配14%の林道です。TTのスタート地点は大山街道入口から5分程上ったゲートで、ゴール地点は日向林道と合流するゲートです。TT区間の距離は3.8km、平均勾配は8.5%、最大勾配は14%です。

2010年に第1回目のターンパイクヒルクライム大会に出場を決めた時、練習場所を探していたところ、しまださんから仁ヶ久保林道を教えて頂いたのです。

それ以来、ここが私のホームコースになりました。

20160521_020.jpg
◆最大の山場14%

20160521_019.jpg
◆序盤は激坂が続く

20160521_017.jpg
◆小数点の標識

小数点付きの勾配標識は、他では見た記憶がないですね(苦笑)

20160521_023.jpg
◆ゴール地点

今日は4本上ります。

先ずは1本目。タイムは20分14秒と、自己ベストの19分31秒に迫る好タイムが出ました。

『おお!いいんじゃない?』

そして2本目。

1本目と同じ20分台で揃えたかったのですが、21分01秒と僅かに届かず。でも、まずまずです。

下りの途中で、トレイルランの女性とすれ違いました。『3本目の時に追い越せるかな?』

20160521_015.jpg
◆仁ヶ久保林道の絶景ポイント

そしてそして、3本目。

明らかにペースダウン。脚は売り切れで、14%区間は止まりそうな勢い(爆笑)。それでも何とか前半の激坂を乗り切り、後半のやや緩い激坂へ。ここで先ほどのトレイルランの女性を追い抜きました。

良かったですよ、緩い所で追い付いて。激坂で追い付いていたら、再び追い抜かれて恥ずかしい思いをしていたでしょう(苦笑)。

28分14秒も掛かって、やっとゴール。

ゴール地点でへたばっていると、先ほど追い抜いたトレイルランの女性がやってきて「ここまで上るといいトレーニングになりますよね」「そうですね」と軽くあいさつ。女性はそのまま日向林道を下って行きました。

20160521_028.jpg
◆お気をつけて

4本目の前に大山街道まで出て、コンビニで補給。

20160521_031.jpg
◆補給多いな(苦笑)

疲労もピークだったので『このまま帰ろうかな?』と、ちょっと弱気に(苦笑)。が、『この疲労困憊を耐えて上る事が、きっとターンパイクで役にたつ筈』と思い直し、弱気と売り切れた脚にムチを打って仁ヶ久保林道に戻ります。

20160521_032.jpg
◆戻ってきました

最後の4本目。

補給と休憩を取ったお陰で少し回復し、3本目よりはマシに上れます。

タイムは26分59秒でした。

20160521_034.jpg
◆帰りましょう

20160521_042.jpg
◆伊勢原の夕暮れ

これでターンパイクへ向けての練習は終わりました。後は本番で頑張るだけです!

走行距離84.76km

関連記事
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kimagurenotebook.blog78.fc2.com/tb.php/979-f9a20499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アルバム
ウェザーニュース
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ひとつポチッとお願いします
訪問者数
プロフィール

☆SLENDER☆

Author:☆SLENDER☆
1963年生まれ。
横浜市在住。坂バカの自転車乗りでベイスターズファン。行動範囲はヤビツ・箱根・湘南・三浦半島など。好きな言葉は「人間とりあえず死ななきゃOK」

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Twitter
名言

presented by 地球の名言

広告
マクロミルへ登録 ブログ
Flashリバーシ